弱桃強食の独り言

面白おかしく生きたい社畜のブログです。ゲーム、お酒、ガジェットなんでも大好き。嫌いなのはゴキブリ

Bluetoothイヤホン(QY8)の良いところ・悪いところ

こんばんは、モモです。

 

最近通り過ぎる人を見ると、結構な割合でワイヤレスイヤホンを使っている人を見かけます。

 

特にアップルのAirPodsの割合が高いような気がします。

 

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

 

 なんで皆そんな良いイヤホン持ってるの??

 

俺はそんな高級イヤホンなんて使えないので、安いワイヤレスイヤホンを約2年ほど使ってきましたので、安いbluetoothイヤホンがどんな感じなのかをレビューしようと思います。

 

 

今もアマゾンで人気のQY8

俺がずっと使っているワイヤレスイヤホンはsoundpeatsのQY8というイヤホンです。

 

 

 

 

当時は3500円くらいしたかな?

それでもセール中だったのと評価がその時点でも結構良かったので、試しに買ってみようと思って買った記憶があります。

 

今はレビューが2000件を超えて、Amazon's choiceにまでなってる定番商品になってました。

 

ちなみにSoundPeatsというメーカーはコスパの良いbluetootnイヤホンを出してるので、初心者の人はここからまず買ってみるのも良いかもしれません。

 

良かったところ

 まずは音質です。

 

5000円以下で、ある程度の音質を担保していたので俺の耳では十分良い音質認定してもいいと思います。

 

しかも、接続したスマホや音楽プレイヤーと結構な距離を離れてもつながった状態を維持してくれる(10mくらい?壁を隔ててもいけた)ので、エアロバイクを漕いだり筋トレをするときにスマホが落ちたりする心配をしなくていいのは嬉しかったです。

 

それとボタンの押し心地がはっきりしていたので、再生・次の曲・前の曲、音量調整などが結構しやすかったです。

 

残念なところ

これは結構あります。

 

何より残念だったのは通話音質。

 

接続は全然うまく行くんだけど、通話すると相手から

 

「ザーザー言ってる」

 

「何言ってるのかわからない」

 

とよく言われて通話するときは結局アイフォンのイヤホンに変えたりと無駄な手間が結構ありました。

 

商品説明には高音質を担保するapt-Xという規格に対応と書いてありますが、通話については効果がなかったのかなと思います。

 

次に、充電のしにくさです。

 

今はケースにいれて充電するタイプが多くなっていますがQY8はusbを突き刺すタイプになってて、端子の部分がゴムで蓋をされてるんですけど、これがめちゃくちゃ開けにくい。

 

生活防水仕様なので、固めに設計してるんだと思うんですけど、結構なストレスでした。

 

 

そして、極めつけは

 

首にケーブルをかけると落ちる

 

これは右耳と左耳のイヤホンがケーブルで繋がってるから首にかけられるんですけど、かけたまま耳につけて横をみるとケーブルが結構摩擦でひっかかって、スポーン!!って抜けます。

 

他のケーブルタイプのイヤホンでもそうなのかな?

 

なので、首にかけずに首元にダラーっと垂らしてるんですけど、そしたら耳に重みがかかってくるというね。

 

 

落ちはしないけどずれやすくなるので、マイナスでした。

 

トータルでは使えるイヤホン

 

良いところより悪いところがなんか気合入りましたが、初めてのイヤホンだったら十分これは良いイヤホンだと思います。

 

何より安いしね。

 

最近は完全なワイヤレス・ケーブルレスイヤホンが出てますが、商品の数が多いし似たようなのばっかりで買うのが結構怖いものが多いので、それを最初に買って失敗するよりは、このイヤホンでワイヤレスって楽だなーっていうことを知ってもらえたら良いなと思います。

 

明日は華金ですが、俺は夜までバリバリ仕事予定なので、頑張るぞ

 

それではアデュー!