弱桃強食の独り言

面白おかしく生きたい社畜のブログです。ゲーム、お酒、ガジェットなんでも大好き。嫌いなのはゴキブリ

MacBookPro(2018)を1週間使ってみた感想

こんばんは、モモです。

最近お腹の調子が悪くて悩んでます。

というか、まだ風邪が治っていないというね。

 

多分風邪からくる腹痛なんだろうなと思います。

早く治さないと筋トレとZOZOスーツダイエットができない。。。

 

昔風邪引いて、めっちゃ体調悪いのに筋トレをして、体温を上げて治そうとかアホなことを考えてやってみたことがありました。

 

めっちゃ悪化した。

 

皆さん、風邪のときはおとなしく休みましょう。うん 

 

さて、MacBookProが届いて1週間が経ちました。

届いてすぐめちゃくちゃテンションが上って、夜23時に開封の儀式をしてたことは記憶に新しいですね。

 

毎日ぼちぼちMacBookProを使って色んなことをしてました。

 

まずはソフトの導入

導入ソフトはこちら

  • Line:必須ソフトですよね。ログインしたら持ってる他のパソコンのラインがログアウト状態になって「ア゛ア゛ア゛ア゛ァァァァ!!」ってなりました。

  • Office2013:仕事でも活用しようと思ってOfficeを導入しました。何故か先にwindows版を間違えて買ってしまい、自分に殺意を覚えました。まあ、何とかなったからいいんだけど。

  • Google日本語:これは絶対に必須。WIndowsPCもandroidも全部これを入れてるけど、変換予測とか使い勝手が他のよりも全然いいと思う。なぜか、Mac備え付けの変換ソフトがすごく使いにくかった。

  • BetterTouchTool:MacBookProのトラックパッドの機能を拡張してくれる最高のソフト。これは良い。ジェスチャーがたくさんあって、色んな機能を割り振れるから、マウスいらず。

  • GoogleChrome:愛用のブラウザ。とりあえずこれ入れておけば他のデバイスと同期できるし、アドオンも豊富だからこれを選ばない選択肢はない。でもとてもメモリ消費が激しい

 

この5つくらいしかまだ入れてません。

 

MacBookProを使ってやってることがブログ記事作成・ネットサーフィンぐらいしかしてないから、使い込んでるっていうほどでもないです。

 

因みにデスクトップはこんな感じ

f:id:tadanomomo:20181001214320p:plain


 

何も置いてません。

 

デスクトップもそうですが、ソフトをあまり入れていないのもある理由からです。

 

デザインが良いから汚したくない

 

1週間使ってみて感じたのはデザインの良さです。

とにかく美しい。

 

 ハードウェアとしての機能美。

 

例えば画面を閉じたときのすっきり感、開いたときの起動の滑らかさ。

バタフライキーボードの打鍵感、トラックパッドの使い心地の良さ。

 

洗練されたソフトウェア

 

直感的に触れるシステム、Siriの正確な認識機能、Windowsみたいにいちいち変な更新が入らない。

特に自分の操作がすぐに反映されるところがすごく良いと思います。

 

Windowsは色んなものが入りすぎてるから若干タイムラグがある気がする。

 

そんな感想もあって、デスクトップにはなるべくものは置かないようにしているし、ソフトも無駄なものは入れたくない。

 

自分がやりたいなーとホントに思うものだけを入れたいと思わせてくれるPCだと思います。

 

今後はhtmlいじったり、音楽もやりたいのでDTM関連ソフトは入れようとは思っていますが、なるべくその時やりたい事だけをMacBookに入れる予定。

 

ホントに感想になってレビューになっていませんが、MacBookProは自分をプロの○○だと思わせてくれる機械だなあと思います。

 

MacBook使ってるだけで自分に対して( ・´ー・`)ドヤってできるからね(笑)

 

昨日は久々にWIndows使って作業したけれと、あんまり楽しくなかったなあ。

何か「いつもの」って感じが強すぎて、色んな粗に気がついてしまうからかもしれない。

 

今後は、まず仕事の分析上でVBAをしないといけなさそうなので、ぼちぼち勉強をしてこうかと思います。

 

というかMacBookProを買ってからやりたいこと・やらなきゃいけないことがめちゃ増えた気がする。

ギター、VBA、html、マーケティング食品表示などなど。

 

毎日タスクがたくさん湧いてくるけれど、ブログは欠かさずにのんびりやっていこう。

 

今日の目標は23時までには寝ること。。。!

早寝早起きをして、朝型生活に移行するぞ!

 

それではアデュー!